作品紹介




イントロダクション

人気ボカロ曲「トリノコシティ」がついに実写映画化!監督は、『メサイア』シリーズ・『血まみれスケバンチェーンソー』などを手掛けてきた山口ヒロキが務める。原曲に描かれた思春期の少女の孤独な心情描写に山口監督特有のSFテイストを加え、その相乗効果から生み出される物語の映像化に挑む意欲作。劇中の音楽制作は原曲者40mP本人が全面担当。映画音楽の制作は初めてという40mPの挑戦も見逃せない。女子高生・明日夏役には映画初主演の山崎丹奈、明日夏に不思議な能力をもたらす弔屋役に玉城裕規、明日夏が偶然出会う青年・充役に高崎翔太の布陣で挑む!!

ストーリー

自分だけどこか取り残された─高校3年生の佐伯明日夏は将来への不安や漠然とした孤独感を抱えながらも、周囲に合わせて偽りの自分を演じながら高校生活を過ごしていた。呼吸が止まりそうな閉塞感。その陰鬱とした感情を誰にも?られる事のない閉ざされたTwitterに投稿することで?の均衡を保つ日々。

そんなある日、明日夏はバスの中で老人に手渡された奇妙な機械をきっかけに、「トリノコシティ」という願いが叶うサイトに迷い込み、弔屋(とむらいや)と名乗る人物に出会う─。「自分の居場所が欲しい」という明?夏の願いは様々な巡り会いを引き寄せ、やがて明?夏は隠された真実に近づいていく。



シルバーアクセサリー専門店銀時

東京デザインテクノロジーセンター専門学校

オホーツク網走フィルムフェスティバル

映画「トリノコシティ」に関するお問い合わせ